炭治郎の無意識領域イメージ:ウユニ塩湖

ウユニ塩湖:まるで炭治郎の無意識領域

無限列車編

炭治郎の無意識領域そのもの「ウユニ塩湖」とは

鬼滅の刃 無限列車編の中に出てくる竈門炭治郎の無意識領域。それが南米のボリビアに実存する「ウユニ塩湖」にそっくりと言われています。

この記事では、そのウユニ塩湖がどんなものなのか、さっと知りたい方向けにまとめました。

ウユニ塩湖ってどんなもの?映像でチェック

この映像を鬼滅フィルターで眺めると、このウユニ塩湖の夜明けがまるで無限列車のラストのようです。去りゆく煉獄さんに炭治郎が想いを馳せている、そんな無意識領域のようにも見えてきます。

有名な「鏡張りの絶景」

天空がそのまま鏡写しになる「天空の鏡」は、広大な塩湖全体に高低が少なくフラットなためにできる現象のようです。乾季には真っ白な塩で一面が覆われます。以下の映像は湖底に塩が見えますね。

1分で分かる「ウユニ塩湖」

  • 場所は南米ボリビア
  • 標高3,700m、富士山と近い
  • 塩湖の面積は1万100km平方メートルで岐阜県と同じくらいの広さ
  • 塩湖全体の高低差が50cm以内の「世界で最も平らな場所」と言われている
  • 雨季には雨が流れずに全体に水が張って空が塩湖に映し出される有名な「天空の鏡」現象が見られる。
  • 乾季には白い塩の結晶で覆われ真っ白な地表が広がる
  • 朝晩の寒暖差が激しい
  • 日本との時差は13時

日本のウユニ塩湖「父母が浜」

日本にもウユニ塩湖のような場所が香川県にもありました。

日本のウユニ塩湖と言われる「父母が浜」
  • 「父母が浜(ちちぶがはま)」は香川県三豊市に所在する
  • 約1kmのロングビーチがある海水浴場
  • 潮が引いた干潮時の夕暮れ時に「ウユニ塩湖」のような「天空の鏡」が見られる

おすすめ関連情報

炭治郎の何もない無意識領域から感じる「狂気」-精神科医の鬼滅評

炭治郎の無意識領域を見て「彼の純粋さ」ではなく、その何もなさにこそ炭治郎のある種の狂気があると分析する精神科医の斎藤氏の記事がとても面白いです。未読の方はぜひチェックを。

ちなみにこの方の最推しは愈史郎で、柱では天元が一番好きなのだそうです。-著者のnoteより

無意識領域の新規カットBGM

TV版で無意識領域のシーンに劇場版にはない新規カットのBGMの耳コピー。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

-無限列車編

コピーできません!